薄毛抜け毛が気になる方へブログ

薄毛抜け毛が気になる方へブログ

まずは抜け毛が増えてきて禿げてくるのは生え際の部分でそこから少しずつ後退してM禿げになっていくわけですね。

 

大体多くの方がM禿げか頭頂部禿げといったところから進行していきますね。

 

もしかしたら生え際から後退しているという人は20代から結構きていたという方も多いのではないでしょうか。

 

私も20代前半でちょっと怪しくなりだしていましたからね。

 

ここでM禿げで悩んでいる人は私の経験上早く予防と対策をしたほうが良いと思います。

 

個人差はありますが、生え際後退予防と対策で後退は防げるとは思いますが、なかなか復活しないと思います。

 

私は現在30代ですが、今も後退はしていませんが、その生え際は戻ってきていないです。

 

それだけM禿げ復活は難しいということですね。

私の育毛予防と対策

まあよく言われる育毛剤と育毛シャンプーを使いながら食生活などの生活習慣を改善したということです。

 

育毛剤や育毛シャンプーは普通に使いますが、それと同時に大事なのが食生活などの規則正しい生活です。

 

バランスのよい食事は当然ですが、22時から翌2時までは寝ることが大事なのでまるべくその時間帯は寝るとか、ストレスをためないようにするなどです。

 

これを継続して行うわけです。

 

やはりバランスのよい食事はとても大事ということで自分で作れない場合は惣菜を買ったり、それでもやはり肉などが多くなるので青汁を飲んだりサプリメントを摂取したりしていました。

 

この食事がとても大変でしたね。

 

今でもいろいろやっていますよ。

 

昔ほどではないですが、無理なく継続できることはやっていますね。

まずはどういった予防と対策をすることが大事か

まずは髪の毛の抜けるメカニズムを知ることが大事です。

 

そして、どういった習慣が抜け毛を増やすのかなどを知っておくことです。

 

それがわかっていれば自分の生活習慣でいけないことがわかるので、自分にはどういった予防と対策をとればよいのかがわかってくると思います。

 

私もいろいろ知識をつけましたね。

 

よくわからずに育毛剤や育毛シャンプーを使えば大丈夫と思っている方も多いと思いますが、そんな簡単ではないでね。

 

当然、育毛剤や育毛シャンプーは必要ですが、生活習慣を改善して体質を改善して体の外側からと内側からサポートしていくことが大事です。

 

抜け毛が増えてきたらおでこが広くなってくると思います。
そういた方はおでこが広くなってきたを見てみてください。

続きを読む≫ 2016/11/14 19:00:14

日本は、薄毛で悩んでいる人が非常に多いです。
薄毛の症状には、様々な種類がありますが、最も多いのがAGAと言われる男性型脱毛症です。
男性型脱毛症は、髪の生え際や頭頂部が少しずつ薄くなっていくのが特徴です。
抜け毛は、1日に100本くらいであれば、それほど気にする必要はありません。
しかし、1日200本以上も抜けるようであれば、病院で診察を受けた方がいいです。
日本では、男性型脱毛症の治療に、外用薬や内服薬を使うことが多いです。
日本で人気がある治療薬のひとつが、ロゲインです。
ロゲインは、アメリカの食品医薬品局によって認可されている治療薬です。
血行不良で頭皮環境が悪くなると、抜け毛が増える原因となります。
ロゲインの成分によって毛根の血管が拡張されると、血行が良くなります。
そして、血行が良くなることで、髪の成長に必要な栄養が、しっかりと届くようになるのです。
ロゲインは、1日2回使います。
スポイトを利用して、リゲインを直接塗っていきます。
効果は、人によって違います。
ロゲインは、外用のみで使います。
引火性があるので、火気のある場所に近づけないように気を付ける必要があります。

ロゲインを使用して、炎症などが起こった場合は、すぐに使用を中止して医師の診察を受けることが大事です。

続きを読む≫ 2016/11/07 16:06:07

ミノキシジル(Minoxidil)とは血管拡張作用をもつ成分として開発されたのですが、投与した患者において髪の毛を育成する作用や多毛症が見られ、発毛効果があると判断されたことから、現在では発毛剤として世界中で薄毛、AGA治療薬に用いられています。日本では大正製薬の「発毛剤・育毛剤リアップ」シリーズとして男性、女性向けに製品が販売されています。日本以外でもRogaineと言う商品名で販売されています。

 

有効成分であるミノキシジルが血管拡張作用を促進す事で血圧降下作用をもたらし、その結果、頭皮の血管にも作用することから薄毛の原因である毛根を活性化することで育毛と発毛を促すとされています。
ミノキシジルは、頭皮に薬剤を塗布するタイプのほかに、タブレットを経口摂取する内服薬が存在します。多量の摂取は血圧低下作用から低血圧の症状や、手足の痺れやむくみ、多毛症などの副作用が起こる場合があるので年齢や症状によって用法用量を守る事が必要となる成分です。このような副作用が起こることから一般的な薬局では内服薬は販売されておらず、AGA専門クリニックまたは、個人輸入代行業者を通しての購入となるため入手は比較的困難となっているます。

続きを読む≫ 2016/11/07 16:05:07

日本では、抜け毛に悩む人が増えています。
男性の場合、男性型脱毛症の人が多く、専門クリニックに通って治療を受けている人も少なくありません。
男性型脱毛症の原因は、人によって異なります。
ストレスや遺伝、生活習慣、飲酒なども男性型脱毛症の原因となります。
最近は、男性型脱毛症の薬も優れたものが増えており、早期に改善する人もいます。
専門クリニックでは、主に薬物治療によって薄毛を改善していきます。
AGAと呼ばれる男性型脱毛症の治療薬で有名なのが、フィナステリドが配合された治療薬です。
フィナステリドは、含有量が違う2種類のタイプがあります。
フィナステリドは、2005年の10月に厚生労働省の認可を受け、2005年の12月から販売されています。
フィナステリドを配合した治療薬は、前立腺肥大症の治療薬としても販売されています。
元々前立腺肥大症の治療薬として認可されたフィナステリドでしたが、男性型脱毛症にも効果的だということがわかったのです。
そして、現在は男性型脱毛症の治療薬として使われているのです。
フィナステリドは、DHTを抑えることで、薄毛の進行を防ぎます。
フィナステリドは、副作用が少ないと言われていますが、まれに副作用が出る人もいます。

続きを読む≫ 2016/11/07 16:05:07

プロペシアはAGAの治療に使われる薬です。保険は使えませんが、病院で処方してもらうことができます。もともとは前立腺の病気に使われていた薬で、安全性は高いと言われています。プロペシアを服用して、4ヶ月程度で効果が出てきます。この時期の効果は目立たないものです。産毛が太くなって、伸び始めます。産毛が増えるので、薄毛が目立たなくなるのもこの時期です。親しい人の中には、あなたの髪の毛の変化に気付く人も出てきます。服用してから6ヶ月程度たつと、髪の毛のボリュームが増え始めます。散髪に行くと、髪の毛が増えたと言われるようになる人がかなり増加します。抜け毛も減少してきます。服用して6ヶ月から1年程度たつと、プロペシアを使っている30%程度の人が、この薬の効果を実感するようになります。
服用して1年から3年たつと、それまでの効果のなかった部分でも、髪が生えるようになります。4年目以降は髪の毛が増えた状態が維持されるようになります。これは平均的な改善の状態であり、人によって効果の多少の違いはあります。プロペシアは長く続けた方が効果が出るようになります。ただし、病院で処方してもらった場合は保険を使えないので、プロペシアの購入費用は高くなることを覚えておきましょう。

続きを読む≫ 2016/11/07 16:05:07

男性型脱毛症をAGAといい、症状に悩んだら早めにAGA治療するのがよい、ということが知られてきました。専門のAGA治療院も増えてきています。薄毛を病院で治す時代となっているのです。

 

AGAは男性ホルモンの影響が大きいといわれています。薄毛や脱毛で病院を受診すると、薬を服用することになります。代表的な治療薬は、プロペシアとミノキシジルです。長期的に服用することでAGAの進行を遅延させることができます。プロペシアは、男性ホルモンによる脱毛の影響を阻止する効果が、ミノキシジルは高い発毛効果があるとされています。

 

注意したいのは副作用です。プロペシアの副作用は、性欲減退と勃起機能の低下です。夫婦で子づくりしている時期などに影響が出ることがあるので注意が必要です。ミノキシジルの副作用は、動悸や息切れ、頭痛、多毛症など多岐にわたります。もともと、血圧降下剤として利用されていたもので、高血圧患者が服用していて毛が濃くなったことからAGA治療に使用されるようになった薬だからです。

 

薬の服用中、少しでも違和感を感じたら服用をやめ、医師に相談することがおすすめです。副作用が出る確率は極めて少ないといわれていますが、重大な副作用が起こってからでは遅いからです。

 

薄毛治療したいという方はこちらの池袋でAGA治療というサイトを見てみてください。

続きを読む≫ 2016/11/07 16:04:07